【第3週】 Under the Blue Sky  |  Answer |  Take Me Away |  青い鳥

Under the Blue Sky

k.png
m.png
n.png

ツインGtのダウンピッキングでハモりたい😤!Kanaと2人でずっと憧れてきたものが叶った。

それでも単純なメタルコアにしたくなくて、dsを主体にスピード感と緩急をつけることにとにかくこだわった。

展開の多さに、まさに曲のイニシアチブを取っているリードGtの単音メロディーと、そこにハモるGtがのっかると、とてもドラマチックになるね。サビBaのフレージングも、裏で世界を思いのままに操っているよう(そういうのがすごくカッコいいと思うんだよね)🥺✨。

楽曲も歌詞も最初は無謀なチャレンジじゃないかと感じてたんだけど、思ってた以上にアンサンブルも歌詞もマッチして、、何段も成長した気さえする。

歌詞のねらいはKanaのアイデア。この曲を聴くと、進化を遂げ続ける世界と、はたまた、太古の昔から進化できない人間の本質や、人間同士の関係に対して言及されているようで、身が引き締まります(笑)

(Minaho)

 

”当たり前”って存在しない。

見慣れたビルも信号もこの空も。

最初からあったわけじゃない。そして今世界で起きていること。

みんな他人事のように、自分のことしか考えていない。それが”当たり前”なのかな。

“It is forever??”

そういう想いを歌詞にしました。めちゃくちゃ壮大👀

曲全体としては、、イントロのあの展開ははもう頭の中で決まってたんです‼️

歌詞もそうだしアレンジもそう。"ドラマチックにしたい”と思い、リズムシフト等で表現したりしてストーリー性を持たせました。

そしてメタリックなリフの中にある繊細なメロディーとツインのハモリはやっぱり私達らしさを出したくて、、!

ブレイクダウンはこだわりたかった!ベタなリズムだけどこれが気持ちの良いノリとサウンド。

ギターのアルペジオでしっかり色も付けてます✨

でもここだけの話、プレイ的にもここの刻みバッキングからのアルペジオのシフトが難しかったぁ。

(Kana)

 

この曲はリズムの移り変わりが激しくて早いビートが特徴のとても疾走感のある曲!

早いビートにのせるベースは逆にどっしりさせたくて真っ直ぐなフレーズを入れました💪

サビで歌うようなフレーズにしたのはダイナミックにしたかったの🙏

ベースはその表情の豊かさがキキドコロ💪

この移り変わりが早い中でたくさんフレーズ入れられたのすごく楽しかった☺️

サビは特に疾走感のあるドラムのビートや重なる2つのボーカルメロディがあるから考えるのすごく楽しかった!

ドラムの疾走感を保ちながらギターにもボーカルにも被らないようにもしたし

ドラムのビートにあえて寄せてみたりギターフレーズによせてみたり、逆に離れてみたりして豪快にしてみた😚

それと導入の緊張感と疾走感は爽快そのものだよ☺️

頭振れるセクションもたっぷりあるからライブではぜひ暴れて騒いでほしい🤗

(Momo)

 

一言で❗️盛り込んでみた~‼️笑

本イントロにいく前のフィルイン(16分→3連)やスラッシュビートからの3連ビートフィル。更には頭打ち、それからブレイクダウン、もちろん大好き2バスまで❣️)^o^(

ビートの種類もリズムのシフトチェンジも盛り盛り‼️

各セクションごとにリズム隊が変わっていくってカッコいいなって思って入れてみたら自分が思ってた倍以上にカッコ良くなった♬

夢中で考えてたら、"速い""忙しい""難^_^

あと、金物の"サウンド"にはめっちゃこだわりました🌱

スティックのショルダーでライドのカップだったり

チップでライドのカップを叩いたりとたくさん工夫してみたよ(*⁰▿⁰*)

(Narumi)

 Answer

k.png
m.png
n.png

Narumiの内側にあった、粗削りで、でもとても飾り気がなくてストレートな感情。

Narumiに歌詞のアイデアを出してもらった時に、私もすごく共鳴して、でもやっぱり違う人間だから。

それに対するAnswer(=答え)を私が歌ったんだ🤝。"疑問"だとかそういうところまで嚙み砕くことが出来てた訳ではなかったんだけどね。

そんなハッキリしない"逡巡感"や"迷い"を、心に何か引っかかってるようなイメージで、Gtリフ、歌メロにフックを利かせて表現してみたよ。

それから自分の声の良さって、あまりハッキリとは言えないけど、高音域で思い切り声を張るとハスキーになるのは特徴かなって思っていて、それがすごくハマった曲。

「Love me=私を好きになって」なんて、普段絶対言えない言葉が思い切り叫べるのも、自分を解放して素直になれたようで気持ちが良かったりする。🙊✨

徹底的にエモーショナルにしたバックのアンサンブルと、Narumiと私のむき出しの歌に触れたら、何かを考えるよりも先に、きっと胸に届くはずだって期待してる😌。

(Minaho)

 

エモーショナルで人間味のある1曲。

私的には一番歌詞も見ながら聴いてほしい曲だなあ。

作った初期段階では本当に全然納得がいってなくて、何度も何度もアレンジ考えた👁

ほんとにこれでいいのか??ってメンバーに聞いちゃうくらい考え込んだ。

でもそれって必要なこと👐

実はあのアウトロのセクションは、中間部分に展開として持ってきてたんだけどこれじゃ普通。もっと面白い展開、みんながびっくりするようなのはできないか、、、と夜な夜な、、笑  

そこから発展させてああいう繋がりにしたの❣️

ここはメンバーも流石に驚いてた笑

コードもディミニッシュコードにして不穏感万歳。。。!!

苦すぎる後味はいかがかなあ??🎀

ギターソロはTaste’em allの中でも一番歌えるソロ!というかこの曲の私のギターはほぼ歌えるメロディー。というかほぼフレーズ弾いてる笑

そのかわりMinahoのギターが厚みや土台を担ってくれてる。最後のオブリソロはVo.と追っかけするようにフレーズ作ってエモい感じを出しました!

聴けば聴くほど味が出る、味がわかってくる特別な曲です💪

(Kana)

 

 

己の葛藤…渦巻く感情…

それらを表現すべくビートの緩急がダイナミックでエモーショナルな曲☺️

色んな感情が渦巻くようなギターフレーズのところはしっかり活かしたくて、シンプルにかつ重厚になるようなフレージングにしました🙆

葛藤を最大限に表現した張り詰めているような緊張感のあるブレイクダウンは重圧!!

見えない闇の中で嵐の海のように感情が押し寄せたり引いたりするサビになるようにオクターブを駆使したフレーズを考えてみた!✨

でもただ往復するようなフレーズじゃつまんないから高音のオクターブでフレージング、低温でもフレージングをそれぞれ考えてみたらめちゃくちゃドラマティックになった!やった~!

そしてなんと言っても…それでも抗ってもがくようなボーカルメロディーがすごくいい!!

ありとあらゆる感情に向き合い、そしてそこから導き出される『答え』がいいものになるように私が支えてあげるぜ💪

(Momo)

 

このEPの中で一番のエモーショナルな楽曲✨

kick(バスドラ)の2拍3連をふんだんに入れて、グルーヴ感のある曲にしてみました( ✌️'ω')✌️

うねってる感じが出てて良くない?(ニヤ

サビ前半は迷い・躊躇いを、

サビの後半からは8分の裏(要は16分ね)にkickを入れて、そんな"葛藤"を思い切り表現してみたよ(ᵔᴥᵔ)

そして、まさかアウトロがこんな感じになるなんて、、!って思った人いるのでは、、笑

それから歌詞について❤️

初めての挑戦だったこともあって、テーマを決めるだけで何日も思い悩んでしまいました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。

Minahoと何度も夜中まで話しをして、私の幼少期の出来事やその当時の心情などをひたすら紙に書きおこす日々だった~。でも実際に歌詞として2人で具現化できた時、古い記憶が走馬灯のように思い出されて涙が溢れました、、、。

あの時の気持ちは一生忘れないと思う(>_<)

そんな真っ直ぐな歌詞が好きな方

是非聴いてくださいヾ(๑╹◡╹)ノ"

ちなみにAメロ・Bメロのボーカルも担当してますので‼️(((o(*゚▽゚*)o)))

(Narumi)

 Take Me Away

k.png

アメリカのロックプリンセス”アブリル・ラヴィーン”のカバー。

アレンジするにあたって、”ヘヴィかつシンプル”に💕

原曲のコード進行がシンプルな分、リズム部分でアレンジしやすかった!

イントロのアルペジオはハンマリングとプリングを使って少し哀愁がある感じに。

サウンドとしては少し冷たい無機質なクリーンサウンドで惹き込みたかったの。

それにプラスしてビートボックスを流してリズミカルに。

 

サビは言わずもがな。ヘヴィなアレンジにしたんだけど、Cメロとアウトロを一番こだわったかなあ。

Cメロのツインハモリはすごく気に入ってる🌟細かいリズムの中じゃないとあのフレーズは活きないのだ!

アウトロは、ここ頭ふりながら演奏してたらかっこいいよな~と思い、このようなアレンジに笑

オブリも入れて最後の最後まで感情を乗せたよ。ぜひ聴いてね!!

(Kana)

 青い鳥

p.png

チルチルとミチルの兄妹が"しあわせの青い鳥"を探しに行く物語を知ってるかな🤔

まずはGtのアルペジオで、夢の中みたいに時間がゆっくりと流れてる、もやもやとした霧の立ち込める風景の中に入り込んでみてほしい✨大切なものは何かってはっきりとしないまま探し続けるのは、人生そのものと重なっちゃうな。

この曲ができた当初は、切ないイメージがとても強かった。大切なものなんてすぐ側にあって、いつ無くなるか分からないんだよって、言いたくて。自分にも言い聞かせたくて🥺サビのアンサンブルは力強く、でも時々出てくるブレイク(間)は、心にぽっかりと穴があいてるようでもある。何も言えないくらい複雑だけど、率直に「ただ抱き寄せて」って歌ったんだ。

ビブラートが絶妙に涙をそそるGtソロも素敵だよ。少し危なっかしくて、でも何故こんなに心を揺さぶるんだろう...きっと、冒険をしてる子供のように純粋でまっすぐな音を、Kanaが出せるからなんだと思う。

冒険をして帰ってきて、大切なものはすぐそばにあったと気づくのはよくある話。だけど冒険ってそんなたいそうなものでもなく、ちょっと新しいマインドに切り替えて歩き出した瞬間に、あっという間に何かに気づくこともあるから何でも面白がれるよね。そんな風に、私たちも旅をして、この曲で言いたいことも少し変わってきた気がしてる😊

(Minaho)